5Gが人体に与える影響。

𝟓𝐆の電波は、人体に影響があるのでは?と
考える人も多くいます。


しかし、総務省が発表した結果によると、
携帯電話端末程度の電波では、
人体に影響がない、とされていますが、
実際のところどうなんでしょう?




■ 肌への影響
𝟔𝟎𝐆𝐇𝐳のパルスマイクロ波は、
送信電力の𝟗𝟎%が皮膚の表皮、および
真皮層に吸収される = 日焼けと同じ損傷といわれています。


つまり、
日焼け止めが効かない状態で日光を浴び続けている状況と同じ事で、

皮膚の痛みを感じたり、
皮膚疾患や皮膚がんの影響にも繋がってしまうのでは?という意見もあります。



■ 目への影響
𝟏𝟗𝟗𝟒年の研究でパルスマイクロ波は、
ラットの水晶体の混濁を引き起こし、
白内障の発生に関連することが明らかになりました。


■ 身体への影響
「心臓」「免疫系」「癌」への影響が発見されています。



𝟓𝐆は𝟒𝐆と比べ、
生物学的にアクティブになり、
遥かに人体的に危険である可能性が高いといわれています。


あまり公式に発表されていませんが、
健康懸念で𝟓𝐆使用を拒否・停止した国です。

👇👇👇

・ベルギー
・イタリア
・スイス
・アメリカ(カリフォルニア州など一部の州)

このように規制している国があるにも関わらず、残念ながら日本の規制はゆるゆるであり、𝟓𝐆への移行に規制はありません。



【では、どうしたらよいのでしょうか❓】


⚫︎携帯電話をできるだけ体から離す。
1m離すだけでも効果的。

⚫︎通話の際は、携帯電話を頭に近づけることを避け、スピーカーフォンやヘッドセットなどを利用する。

⚫︎携帯電話はポケットではなくカバンなどに仕舞う。
使用しない際は機内モードに設定する。

⚫︎夜寝るとき、枕元に電源の入った携帯電話を置かない。
機内モードにするか、べッドから数𝐦離れた場所に置くこと。

⚫︎高速移動する車やバス、電車に乗っている時は、高周波エネルギーが多く発生しているため、使用を避ける。
⁡←これは無理🙅‍♀️笑笑