水が苦手な人の理由

【味のしない水が飲めない、水が苦手】

そんな方の理由は、

『子どもの頃からの習慣』
が原因となっている可能性があります。


ご家庭にもよりますが、
子どもは甘い味の物を好む傾向にあるので、
小さい頃はジュースやスポーツドリンクをよく飲んでいたという方も多いのではないでしょうか?



麦茶に砂糖を入れたご家庭もあったり、

私には信じられませんでしたが…😅



糖分や果汁などが含まれた飲み物を頻繁に飲んでいると、
甘みのない飲料に物足りなさを感じてしまうようになります。


幼少期から甘い味に慣れてしまうと、
大人になってからもお茶や水を飲むことに抵抗を感じるようですね。




その他の理由としては、


【味覚障害を発症している可能性】

があります。



卵・肉・魚・豆類などの亜鉛が多く含まれる食材をあまり食べないという方は、
味覚障害を起こしている可能性があります⚠️



亜鉛が不足することによって、味覚が鈍り、

「水がまずい💦」

と感じてしまうようです。



18~29歳の女性である場合、一日あたり、8mg、最低でも6mgの亜鉛を摂取するよう推奨されています。



また、
ミネラル・ビタミン・タンパク質などの栄養不足も、原因の一つとして考えられます。



身体に必要な栄養が十分に摂取できていないでいると、
胃の粘膜の働きがうまく行われないため、


水を飲んだ時、胃に刺激を受けやすくなります😱



このような胃に感じる不快感のせいで、
水に苦手意識を持ってしまうこともあるようです。



では、

【水が飲めない体質を克服する方法は?】

まず、

食生活を見直すことが効果的です!

亜鉛やタンパク質、ビタミンなどの栄養豊富な食材を積極的に取り入れ、
鈍った味覚を改善しましょう❗️


そして、なるべく添加物の多く使われているものを避け、薄味になれることもポイントです☝️



使用する水は、硬水よりも軟水がおすすめ!

日本人には硬水は苦味を感じたり、
味に少しクセがあったりするため、
人によっては飲みにくく感じることがあります。


【まとめ】

水が飲めない方の原因は、

「子どもの頃から甘みのある飲料を飲む習慣があった」

「栄養不足で味覚障害を起こしている」

といったことが考えられます。



✔️いつまでも水が苦手なままでいたくない
✔️身体に良いものが飲みたい
✔️水をおいしいと感じて飲めるようになりたい
✔️高くて面倒なものは嫌だ
✔️子どもにはジュースに慣れてほしくない


という考えをお持ちの方は、


ぜひご相談くださいね!