フケが気になります。

フケとは、

頭皮や皮膚表面の古くなり、

剥がれ落ちた角質のことを

フケと呼んでいます。


フケの原因は主に
下記の9つのポイントです。

◆頭皮の洗い過ぎ
◆シャンプーの強い洗浄力
◆シャンプーのすすぎ残し
◆乾燥
◆ドライヤーの熱風
◆強い紫外線
◆偏った食生活
◆血行不良
◆過度なストレス



安いシャンプーは、
石油系の
洗浄力が強いシャンプーで
あることが多く、
皮脂が洗い流されすぎている
可能性が高いです。


また、
ドライヤーの熱風を
頭皮に当てることで
頭皮の水分を奪うことになり
乾燥の原因にもなります。



酸化した皮脂や紫外線の刺激によって
頭皮のバリア機能が弱くなります。

頭皮のバリア機能が弱まることで、
さらに刺激の影響を受けやすくなり、
フケの原因になってしまいます。



タンパク質やビタミン、ミネラルなど
皮膚形成や保湿に必要な成分が
足りていないことで、
皮膚の新陳代謝が正常に行われず、
バリア機能や保湿機能が弱まり、
乾燥肌に繋がっている可能性があります。



中学生の時期は
思春期なこともあり、
ストレスを感じやすい時期です。

・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
・ストレスによる血行不良



男性の場合は、

ストレスによって

皮脂の分泌が活発になることがあり、

マラセチア菌が増殖し

ターンオーバーが乱れ、

フケに繋がっている可能性があります。





【乾性フケと脂性フケの対策】


◉頭の洗い方
◉シャンプーの選び方
◉ドライヤーの選び方
◉食生活飲み直し
◉紫外線対策
◉頭をほぐす


頭皮の脂や汚れは、
お湯ですすぐだけでも
7割〜8割は落ちると言われています。


強く洗い過ぎず、
シャンプーやリンスが
頭に残らないように
しっかり洗髪しましょう。



ドライヤーは非常に
高温の熱を出しますので、
頭皮の水分を奪い
乾燥の原因になります。



頭を乾かさずに
長い時間放置してしまったり、
乾かし方が不十分だと
雑菌が繁殖してフケの原因になります。



ファストフードやコンビニの
食事ばかりでフケに悩んでいるなら、
すぐに改善しましょう。

脂質や糖質の過剰摂取も
よくありません。