呼吸が浅い人の特徴

浅い呼吸とは、
肩や胸だけで行っている呼吸のことで、
肺の一部にしか酸素を届けることができず、
血液中の酸素が不足している状態です。


そのダメージが
最も大きいのが

『脳』です。



普通の筋肉細胞を1とすると、
脳の神経細胞はその20倍の酸素を
摂取しなければならないからです。




【浅くなってしまう原因】


⚫︎ストレスや疲れ

⚫︎何かに夢中になったり、
力が入っていると無呼吸になる

⚫︎首を前に倒す姿勢になりやすい

⚫︎長時間、猫背の状態で首が前に出ている

⚫︎運動不足




肺が圧迫されて
横隔膜が
思うように動かなくなるために
呼吸が浅くなります。




人の脳の中にある
扁桃体という場所は、
感情の動き(情動)と
呼吸の両方を司っています。

そのため

緊張や不安、
ストレスを感じると
速く浅い呼吸になり、

反対に、

リラックスすると
ゆっくり深い呼吸になります。



呼吸が浅いと、
毛細血管内の空気が不足し、
細胞に十分な酸素や栄養が
運ばれなくなってしまいます。

すると、
脳・臓器・筋肉など
身体のさまざまな機能が低下し、
だるさや肩こり、頭痛などの
症状につながってしまいます。




【呼吸が浅くなることでのデメリット】



■ イライラする
■ 老廃物が溜まりやすくなる
■ 血の巡りが悪くなる・顔色が悪くなる
■ 代謝が落ち太りやすくなる
■ 足がむくむ
■ 肩こり
■ 悪い姿勢が染み付いてしまう
■ 疲れやすくなる
■ 歌で息が続かない
■ 声が小さくなる・こもりやすくなる
■ 会話中に何を言っているか聞き取りづらい声になる
▪️頭の回転が鈍くなる


∞———————-∞
対処法
∞———————-∞


◇腹式呼吸◇

シャボン玉をフーッと
吹き飛ばすようなイメージで
息を吐き出してから、
鼻から優しく
息を吸うことを繰り返すことで
腹式呼吸ができるようになります。



◇ストレッチ◇

肩関節や、
肩甲骨を回す




—————————–



不安な状態や、
精神的に不安定の時は、
呼吸は浅くなりがちです。


呼吸が深くなれば、
不安やパニック障害のような症状は
起きづらくなりますので、

ちょっと意識して
呼吸をするように
してみてくださいね!